キャッシング申込みブラックが起こる理由

キャッシングの審査に落ちると、焦って他のところで借りようと、消費者金融行脚をしてしまいませんか?キャッシングの申込みを立て続けに行うと申込みブラックと言って、何処の業者も貸してくれない状態に陥ります。

申込みブラックとは、キャッシング業社が審査の際、あなたの信用状態を指定信用情報機関に照会した事により起こります。指定信用情報機関は、実はあなたの情報を照会されただけで、この業者から照会があった、申込み中、審査落ちなどの情報も合わせて記録されてしまうのです。

2軒目のキャッシング業者はあなたの指定信用情報機関にアクセスすると、1軒目の審査が落ちたんだなと把握してしまいます。

落ちて直ぐに別のところに審査申込みをするという事は、お金に困ってるんだなとか、1軒目は何故落としたのだろうと疑心暗鬼になってしまいます。

キャッシングの審査は一度落ちると立て続けに落ちる可能性が高くなりますので、3ヶ月程度期間を置くか、もしくは小規模消費者金融を狙って申込みしましょう。