キャッシング申込みブラックが起こる理由

キャッシングの審査に落ちると、焦って他のところで借りようと、消費者金融行脚をしてしまいませんか?キャッシングの申込みを立て続けに行うと申込みブラックと言って、何処の業者も貸してくれない状態に陥ります。

申込みブラックとは、キャッシング業社が審査の際、あなたの信用状態を指定信用情報機関に照会した事により起こります。指定信用情報機関は、実はあなたの情報を照会されただけで、この業者から照会があった、申込み中、審査落ちなどの情報も合わせて記録されてしまうのです。

2軒目のキャッシング業者はあなたの指定信用情報機関にアクセスすると、1軒目の審査が落ちたんだなと把握してしまいます。

落ちて直ぐに別のところに審査申込みをするという事は、お金に困ってるんだなとか、1軒目は何故落としたのだろうと疑心暗鬼になってしまいます。

キャッシングの審査は一度落ちると立て続けに落ちる可能性が高くなりますので、3ヶ月程度期間を置くか、もしくは小規模消費者金融を狙って申込みしましょう。

キャッシングの利用ができて精神的に楽になりしまた

消費者金融のキャッシングでお金を借りられるようになり精神的にだいぶ楽になりました。私は非正規雇用で働いている20代後半の女です。お客さん相手の夜の仕事をしています。衣装代や化粧品代は給料に含まれていないので自分で買わなければなりません。服のリサイクルショップなどで買ったりしていますが自由に使えるお金はあまり多くありません。OLの頃に作ったクレジットカードでちょっと高い買い物をするとすぐに口座残高が減ってしまうので、消費者金融に申し込みをしました。ただ審査には本当に不安がありました。

クレジットカードはOLの頃に作っておいたので、消費者金融もOLの頃に申し込みをしておけば良かったと思いました。それでも、どうにか消費者金融の審査にも合格することができました。ただし借入限度額は20万円となってしまいました。私としては50万円くらいは欲しいと思っていましたが、真面目にキャッシングの利用を続けていけば借入限度額は上がっていくようなので今はそれを期待して返済期間に注意して気を付けて利用しています。キャッシングで借りられる額は20万円までですが、借りられと借りられないのでは大違いです。

キャッシングはもしものときに本当に助けてくれるのでいつも感謝しながら使っています。

カードローンで利息0円キャッシング!

キャッシングに申し込むと審査が行われますが、当然これにはコストがかかります。手続きや審査に携わるスタッフの人件費などのコスト、通信費や書類代もかかるでしょう。また、キャッシングによっては保証会社を利用している場合もあります。保証会社に保証をしてもらうには保証料が必要ですが、これもキャッシング利用にかかるコストです。これらの費用は客である利用者に請求されることになります。

こう書くと身構えてしまう人が多いかもしれませんが、そこは心配無用です。実はこれらのコストはすべて金利に含まれているのです。実質年率で金利は表示されていますが、その中には利息はもちろん、キャッシング利用に必要な諸経費もすべて含まれています。追加で費用を請求されることはないので安心してください。

このように利息もコストもすべて一括して金利表示する、というのは法律で定められている事項です。そうしないと諸経費という名目であとから費用を請求するという悪質な商法が横行する可能性があるからです。消費者保護のため、キャッシング利用のコストはわかりやすく実質年率で一括表示されているというわけです。

カードローンにおけるキャッシングの利息を抑える方法

キャッシングとは借りたお金に加えて利息をつけて返済するのが基本です。いくらか無利息で借りることができることもあるのですが、それは例外的なことであると理解しておいたほうがよいでしょう。まず、利息とは返済が長引けば長引くほど嵩むものである、という認識はしておいたほうがよいでしょう。

そして、出来るだけ早く返すことが最も利息を少なくする方法である、ということも知っておくべきです。そうすれば少しは利息を抑えることができるようになります。約定返済という決まった日に引き落としされるタイプの返済方法があるのですが、これがまずは基本です。

その上で随時返済をしていくとよいでしょう。これを多くやっていくことによって、利息が嵩むことを防ぐことができるようになります。但し、資金的に余裕があれば、という話です。無理をして返済してまた借りるようになってしまっては意味がないからです。随時返済も計画性が大事なのは同じです。